8.7 指導コメント

August 8, 2017

本日もお疲れ様でした!!

チャレンジコースでは、タオルを使った柔軟体操を行いました。皆さん、体が柔らかく、スポーツ選手としてすばらしいなあと思いました!小学生である今の時期は、体が柔らかくなりやすい時期です。反対に、大人になってから体を柔らかくすることは、非常に難しいです。体が柔らかいと、体の可動域(動かせる範囲)が広がるだけでなく、ケガをしにくい体になるので、ぜひお風呂上がりにでも柔軟体操を行ってみてください!
また、600mのリレーも行いました。600m走は、呼吸が辛く、ペース配分が難しかったと思います。実は、400m〜800m、いわゆる中距離が1番呼吸が激しく、ペース配分が難しい競技と言われています。なぜなら、短距離と長距離の両方の走り方が必要になるからです。短距離・中距離・長距離と距離が違うだけで走り方も全然異なります。今行っている世界陸上は、すごくためになるので、ぜひ観てみてください!

アスリートコースでは、2300m位のビルドアップ走を行いました。毎度毎度、アスリートの皆さんは、チャレンジコースが終わってからも自分に負けず、一生懸命追い込む姿がすばらしいです!後半、ペースアップしてからあごが上がっていました。腕や体の軸だけでなく、頭のバランスもうまくとれるようになると、それだけでタイムは伸びていきますよ!

本日も暑い中、お疲れ様でした!これから、感想ごとに熱中症対策を1つ教えていきたいと思います。熱中症対策として、タオルは濡れタオルを使いましょう!なぜなら、乾タオルを使うと、ますます汗が出て、体温が下がらないからです。また、濡れタオルを使うことで塩分もしっかり拭けるので、ベタつきがとれてさっぱりしますよー!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事